2011318
各専門家のコメントは、その時点の情報に基づいています。
SMCで扱うトピックには、科学的な論争が継続中の問題も含まれます。
新規データの発表や議論の推移によって、専門家の意見が変化することもありえます。
記事の引用は自由ですが、末尾の注意書きもご覧下さい。

放射性汚染物質の空気中の広がりについて:大原利眞・国立環境研究所

Ver.1.0 (Updated: 110317-17:00)

記事の引用・転載(二次使用)は自由ですが、末尾の注意書きもご覧下さい。

※あくまでコメント時の状況に基づいています。ご注意下さい。

 

大原利眞 研究室長

 独立行政法人 国立環境研究所 アジア自然共生研究グループ 広域大気モデリング研究室
 
【添付資料はこちら(PDF, 2MB):青山道夫、大原利眞、小村和久「動燃東海事故による放射性セシウムの関東平野への広がり」岩波書店「科学」(1999) pp16-21】(左記のファイルのがアクセスしづらい方はこちらからダウンロードしてください)
※ご注意:上記資料中における放射性物質発生元である動燃東海事業所は、福島原発とは位置が異なります。くれぐれもご注意下さい。
 
【放射性汚染物質の空気中の広がりについて】
 空気中の汚染物質の広がり具合は、主として、気象条件と汚染物質の放出条件の二つの要素によって変わります。
 例えば、風が一定で場所によって変化しない、かつ汚染物質の放出量も時間的に変化せず一定量が連続的に放出される場合には、水にインクを落とした時のように、じわじわと風下に広がっていくでしょう。
 
 しかし、実際には、気象条件(風の時間的な変化や場所による変化、雨の降りかたなど)は、刻一刻と変化し、また、場所によっても大きく変化します。それに応じて、汚染物質が高濃度の塊となって広がりながら動き回る場合もあるし、あたり一面にゆっくりと一様に広がる場合もあるし、すぐに広がって無くなってしまう場合もあります。
 
 添付資料の図3は、1997年3月に核燃料サイクル開発機構(旧動燃)東海再処理施設で起きた爆発事故の後2時間から27時間の放射性セシウムの動きをシミュレーションしたものです。矢印が風の流れですが、それぞれの図で風の様子がずいぶん異なり、場所によっても変化しているのがわかります。比較的短時間に放出されたセシウムの塊が、じわじわと広がりながら関東地方を複雑に移動している様子が見て取れます。
 
 今、研究所が停電のためシミュレーションができていませんが、原発付近の風向きと放射線量のモニタリングの結果から判断すると、東風が吹いた時に、原発の風下にあたる福島で高目の放射線量が観測されているようです。
 
 気になっているのは、記者会見において、原発正門での放射線量モニタリング結果から、放出量の増減を論じている点です。同じ放出量の場合でも、ある地点の放射性物質の濃度(放射線量)はその時の風向・風速によって大きく変わりますので、一カ所での計測結果だけから、放出量を推測することは危険です。
 観測値から、放出量や放出地点を評価するためには、原発周辺の多数地点でモニタリングし、気象条件を考慮することが重要です。
 

【ノート】

・ SMCからの「サイエンス・アラート」は、科学技術の関わる社会問題に関し、専門家の知見を素早く伝えることを目的にしています。

 マスメディア、ウェブを問わず、科学の問題を社会で議論するために継続してメディアを利用して活動されているジャーナリストの方、ぜひご利用下さい。

・ サイエンス・メディア・センターでは、このような情報をメールで直接お送りいたします。ご希望の方は、下記リンクからご登録ください。

(登録は手動のため、反映に時間がかかります。また、上記下線条件に鑑み、広義の「ジャーナリスト」と考えられない方は、登録をお断りすることもありますが御了承下さい。ただし、今回の緊急時に際しては、このようにサイトでも全ての情報を公開していきますので御安心下さい)

  【メディア関係者データベースへの登録】 http://smc-japan.org/?page_id=588 
 

【記事について】

○ 私的/商業利用を問わず、記事の引用・転載(二次利用)は自由です。

○ 二次利用の際にクレジットを入れて頂ける場合(任意)は、下記のいずれかの形式でお願いします:

・一般社団法人サイエンス・メディア・センター ・(社)SMC

・(社)サイエンス・メディア・センター ・SMC-Japan.org

○ リンクを貼って頂ける場合は http://www.smc-japan.org にお願いします。

【お問い合わせ先】

○この記事についての問い合わせは下記まで:

  一般社団法人 サイエンス・メディア・センター(日本)

  Tel/Fax: 03-3202-2514

  E-mail: inquiry[at]smc-japan.org

記事のご利用にあたって

マスメディア、ウェブを問わず、科学の問題を社会で議論するために継続して
メディアを利用して活動されているジャーナリストの方、本情報をぜひご利用下さい。
「サイエンス・アラート」「ホット・トピック」のコンセプトに関してはコチラをご覧下さい。

記事の更新や各種SMCからのお知らせをメール配信しています。

サイエンス・メディア・センターでは、このような情報をメールで直接お送りいたします。ご希望の方は、下記リンクからご登録ください。(登録は手動のため、反映に時間がかかります。また、上記下線条件に鑑み、広義の「ジャーナリスト」と考えられない方は、登録をお断りすることもありますが御了承下さい。ただし、今回の緊急時に際しては、このようにサイトでも全ての情報を公開していきます)【メディア関係者データベースへの登録】 http://smc-japan.org/?page_id=588

記事について

○ 私的/商業利用を問わず、記事の引用(二次利用)は自由です。ただし「ジャーナリストが社会に論を問うための情報ソース」であることを尊重してください(アフィリエイト目的の、記事丸ごとの転載などはお控え下さい)。

○ 二次利用の際にクレジットを入れて頂ける場合(任意)は、下記のいずれかの形式でお願いします:
・一般社団法人サイエンス・メディア・センター ・(社)サイエンス・メディア・センター
・(社)SMC  ・SMC-Japan.org

○ この情報は適宜訂正・更新を行います。ウェブで情報を掲載・利用する場合は、読者が最新情報を確認できるようにリンクをお願いします。

お問い合わせ先

○この記事についての問い合わせは「御意見・お問い合わせ」のフォーム、あるいは下記連絡先からお寄せ下さい:
一般社団法人 サイエンス・メディア・センター(日本) Tel/Fax: 03-3202-2514

  • tanaka

    皆様、多くのコメントありがとうございます。
    このコメント欄に頂いた内容は、SMCでは直接回答は致しませんが、メディア関係者、及び執筆者等にお伝えして参りました。
    しかし、状況は次々に変化しております。最初に頂きました専門家のコメントも、その後の変化をフォローしきれていないこともあり、また全ての専門家が記事を適宜更新できるとは限りません。
    協議の末、今後は基本的に「新規記事に関しては、更新後1週間はコメント欄を開いておき、その間に頂いた質問は適宜コメント者にも告知(回答できる時間があれば追記)、ただし一週間の後は閉鎖する」という形式を採ることにさせていただきます。
    何とぞ御容赦下さい。
    なお、引き続き質問等がある場合、ページ上の「ご意見・お問い合わせ」からも投稿可能です。
    こちらも全てスタッフが目を通して、参考にさせて頂いておりますので、ご利用下さい。
    (社)サイエンス・メディア・センター

  • 気象庁の研究所の研究者は公表している論文があります。過去55年間にわたって、日本(東京高円寺と筑波)での大気中の放射線量記録が下記にあります。

    http://www.mri-jma.go.jp/Dep/ge/2007Artifi_Radio_report/Chapter5.htm
     
    1950-60年代に、米・ソ連・英・仏・中国などの国が核爆発実験を大気圏で実行したため、全世界で環境放射線量が大きな値を継続して観測されました。上記のグラフは、縦軸がログスケール(目盛りごとに10倍)となっています。
    つまり、当時は現在よりも約1,000倍の強さがありました。放射性粉塵もこのレベルで存在していたと思われます。

    その時代に、乳幼児・少年少女をすごした人たちは現在50-70歳の世代でしょうか。疫学的知識は詳しくありませんが、この世代の人々が特段病弱であるとか、放射線障害が多いと聞いたことはありません。むしろそれ以前の世代よりも長寿の傾向があると思います。もちろん近年の医療進歩と健康管理の普及によることが大でしょうが。
    一つの科学的な事実として、お伝えしたいと思います。

  • 山口香織

    すでに渡辺さんがご質問されている内容ですが、再度お伺いさせていただいても宜しいでしょうか。

    お忙しいところ大変恐縮ですが何卒宜しくお願い致します。

  • 渡辺 貴史

    はじめまして

    福島第一原子力発電所の事故に関する報道を通じて「放射線による直接的な被害」は詳しく報道されますが、空気中に飛散した放射能を帯びた粉塵を呼吸などで体内に取り込んだ場合の長期的な危険性についてはほとんど報じられていないように思います。これはなぜでしょうか。

    肺における体内被曝では、放射性物質が体細胞に付着する形になり、また肺の洗浄はできないので、長期的に大きな影響を及ぼすと聞いたことがあります。そうであれば、たとえば乳幼児がごく少量の放射性物質を吸入した場合などを考えて不安になるのですが、実のところはどうなのでしょうか。

    3月17日午後6時現在、原発から20〜30キロ圏内の人々には自宅退避が勧告されていますが、放射能を帯びた粉塵は古い木造家屋などでは屋内にも侵入して来るのではないでしょうか。

    お忙しいところ恐縮ですがご教示いただきますようお願い申し上げます。